首都圏から1時間半の伊豆半島で一番近いダイビングフィールド。沈船とサクラダイの乱舞は国内トップクラス!

シーズナリティ

  • HOME »
  • シーズナリティ

東伊豆随一の魚影を誇り、一年を通して魅力たっぷりの熱海。四季折々に豊富な景観や生物を楽しめます。

ダイビングサービス熱海

 

四季の魅力

春(3〜5月)

3月いっぱいまでは、季節限定の小曽我洞窟を潜水可能。透明度の高いときに、入口から差し込む光が幻想的です。ダンゴウオは2月中旬から見られるようになり、スナビクニンなどユニークな生物が登場。春に向かって、ホンベラの婚姻色やヤマドリの求愛行動など、水中もにぎやかになってきます。ウミウシ類も充実!

夏(6〜8月)

水温が上がり、透明度も安定する季節。サクラダイのオスや、キンギョハナダイの群れが観察できるようになり、水中が鮮やかに。アカオビハナダイやナガハナダイの産卵が見られることもあります。中層ではイナダやワラサの群れが現れることもあり、ウミガメや巨大マンボウといった大物との遭遇チャンスも!

秋(9〜11月)

水温が上がるベストシーズン。チョウチョウウオやスズメダイの仲間など、南方から流れてきた魚たちで水中がよりカラフルに。クダゴンベのようなレア系も登場します。ワラサやカンパチ、ソウダガツオ、サバなど、大型の回遊魚との遭遇率もアップ!

冬(12〜2月)

一年でいちばん透明度が安定する季節。ドチザメやネコザメのほか、エイ・サメ類が現れることが多く、マンボウの出現率も上がります。11月からは小曽我洞窟がオープンし、エビ・カニ類など、暗い場所を好む生物を観察できます。

1日の流れ
9:00~集合
10:00~1ダイブ目の出船
11:00~インターバル
12:00~2ダイブ目の出船
13:00~片付け、ログ付け、清算
※あくまで目安です。30分位は前後することが多々あります。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0557-82-7285 ダイビングサービス熱海

PAGETOP
Copyright © ダイビングサービス熱海 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.